立川市でクチコミ数NO1!一度の施術で効果が分かる肩こり専門院

おうち整体院


肩こりと病気の関係

肩こりを抱えている人は日本全国に1200万人程度いると言われています。10人に1人は肩こりという統計が出ています。それだけ日本全体に広がっているのだからまさに「国民病」と言ってもいいんじゃないかなと思います。

ここではそんな「肩こり」と「病気」との深いつながりを解説していきます。


肩こりは大きな病気のずっと前に出てくる身体のサイン

患者さんに「肩こりって病気につながるのですか?」と聞かれることがあります。その答えは「長い目でみるとつながります」です。

肩こりをほおっておいて、1年後や2年後にすぐに病気になるなんてことは通常考えられません。(内臓疾患の関連症状は例外です)ですが、仮に20年、30年とほおっておいたらどうなるのか?必ずしも全員が大きな病気になってしまうわけではないですが、病気になる可能性は高まっていると断言することはできます。

なぜでしょうか?それは肩こりの原因に秘密があります。

肩こりの原因は主に2つあります。1つ目はデスクワークや運動不足などによって筋肉が硬くなってしまうこと。2つ目は普段の食事や栄養バランスの乱れからくる「血液の質の低下」です。

この2つが重なって肩こりが起きてきます。筋肉の硬さによって肩こりが起こることはよく聞くと思いますが、血液の質の低下で起こることはあまり聞きなれない原因だと思います。

簡単にこれを説明していきます。


過去食べたものが、今の私たちの身体を作っている

今まで私たちが食べたもので今の身体が出来ている。考えてみれば当たり前のことですね。人間の身体にはいろんな能力があります。その1つに「自己治癒」という能力があります。自分自身で治ろうとする力のことです。

傷が治ったり、疲れが取れたり、むくみがとれたり、炎症が治ったり。人間の身体はほおっておいてもちゃんと元通りになってくれます。しかし、この自己治癒の能力はなにもしなくても100%の機能を発揮してくれるでしょうか?そんなことはありませんよね。

例えば、何日間も食べ物を食べなければだんだんと傷の治りが悪くなってきそうなことは簡単に想像できます。このことからわかるように自己治癒は食べ物から摂取できる「栄養」をもとにしてその機能を発揮しています。

自己治癒という言葉を普段私たちが使っている言葉に置き換えると「代謝」になります。代謝があるから私たちは元気になれるし、毎日フルパワーで働くことができます。

筋肉の疲労を取ったり、筋肉の緊張を和らげたり、老廃物を除去したり、細胞に栄養を与えたり。あまり知られていないことかもしれませんがこんなことも自己治癒=代謝の機能です。

だんだん肩こりとの関係がわかってきましたね。つまり、自己治癒=代謝の機能が落ちてくると肩の周りはこってくるんです。

自己治癒=代謝はその能力を食事からとれる栄養でカバーしています。食事のバランスが悪いと血液に含まれる栄養素が少なくなり、血液の質の低下が起きます。

これが肩こりの原因の1つになるんです。


血液の質の低下は他の病気の原因でもある

肩こりの原因の1つは血液の質の低下が起きる。でも血液の質の低下で起きることは肩こりだけでしょうか?そんなことはありません。血液の質の低下が代謝の機能が落ちれば、自分自身で治る力が失われます。その結果、様々な病気になります。

癌や脳梗塞、認知症、心臓病など日本人の死亡数トップにあがっているような病気も原因は同じです。唯一の違いは「血液の質の低下がどの程度の期間起こっているのか」の違いです。

血液の質が低下が起きている期間が短いなら肩こり程度の不調ですみます。しかし、かなり長い年月の間そのような状態になっているのなら他の病気のリスクが高まっていてもおかしくないというわけです。


肩こりの予防が他の病気も防ぐ

ここで伝えたいのは肩こりをほおっておくと怖いんだよ!ということではありません。むしろその逆です。肩こりを予防すると他の病気にもなりづらいんだよ!ということです。

普段の食事を気をつければ肩こりに予防になります。しかし、それだけではありません。他の病気と肩こりの原因が同じなら、他の病気の予防になるのは当たり前です。

肩こりを予防することはすごい意味のあることなんです。


筋肉はケアした方が良いの?

食事の話を中心にしてきましたが、最後に筋肉を直接ケアするのはどうなのか?これも必要です。なぜなら食事や栄養をストイックに変えても筋肉のコリを完全に取り除きのはとても難しいからです。

かなり厳格に食事療法などをやっている医師や看護師の方々を知っていますが、その方たちもぎっくり腰や寝違えになります。つまり筋肉のコリは残っているんです。なので、ストレッチやラジオ体操など簡単なもので良いので継続してやることにはとても意味があります。

イメージとしては肩こりの原因は食事が50%、デスクワークや運動不足などにより筋肉のコリが50%といった感じです。

おうち整体院のご案内

住      所:
〒190-0011
東京都立川市高松町1-3-16
プラスハイツⅡ102
アクセス:
JR中央線・南武線
立川駅から徒歩13分
お問い合わせ・ご予約
042-508-2718
受付時間:
月~土曜日
9:00~19:30

定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ